海外と比べると日本は特殊なセックスをする?

MENU

日本人のセックス

日本人のセックスの回数と時間

日本人のセックスの回数は、年間でおよそ48回と言われています。

 

単純に割り算すると月に4回、すなわち週1回がセックスのペースということになります。

 

回答者の年齢の幅などを考えると、平均としては予想どおりの結果と思う男性が多いのではないでしょうか。

 

 

一方同じ条件で海外の結果を見てみると、
最も回数が多いのはフランスで137回、世界全体の平均は103回であり、
日本は平均の半分にも満たない結果になっています。

 

一方で、セックスにかける時間を調べると、世界平均はおよそ20分となっており、30分以上のセックスを望む日本人は、回数は少なくとも、一回のセックス時間は長いという結果になっています。

 

 

 

日本人のセックス内容に驚く外国人

セックスで実際にやる行為、実は日本人のこうした行為に、外国人達は驚いているというデータがあります。

 

まず、ムード作りをしないという部分に驚いており、日本人のキスや抱きしめる頻度の少なさに、外国人は驚いています

 

例えば、キスをせずにいきない行為に入るのは、外国人からすればとても考えられない行為のようです。
また、セックス前のシャワーやクンニなど、セックスにおいては常識とも言えるこれらも行為も特殊だと判断されています。

クンニをするのは国で挙げるとほんの数カ国だけのようですし、セックス前にシャワーを浴びることに対しても驚くという声を多く聞きます。

 

お風呂に入るアヒル

 

 

また、褒めるべき意見もあります。

  • 女性をイカせることにこだわる
  • 気づかいができる
  • 体位が豊富である

これらは日本人男性に見られる特徴であり、これらの点に魅力を感じる外国人女性が多いことがデータで明らかになっています。

 

 

日本人にとっては常識や違和感のない行動も、外国人から見れば不自然に感じる点がセックスでは数多く存在するのです。

 

このため、特に外国人女性と付き合う男性は、セックスにおける情報収集をする際、日本に限定せず、海外を含めた世界規模の情報収集で知識を得る必要があります。