スローセックスの意味と女性が喜ぶポイントを理解しましょう。

MENU

スローセックス

若い時代というのは、激しいセックスやより興奮度の高いセックスを求めがちです。

 

男性も女性もまだ体験したことのないプレイを積極的にチャレンジする傾向があり、まったり落ち着いたセックスをしようとする男女は少ないはずです。

 

しかし最近、スローセックスという言葉が巷をにぎわせてくるようになりました。

 

例えば激しいセックスをしようとすると、男性の場合、
「とにかく速くピストン運動しよう。」
「今日こそ彼女に潮を吹かせてやろう。」
「今日はバックでも騎乗位でも彼女を満足させてやろう。」
とスポーツ感覚だったり、勝負感覚を抱きがちです。

 

しかし恋人とのセックスの時間を味わったり、まったりとする時間を長くしたりすることで2人でいることの幸福感をかみしめることができます。

 

「彼のおちんちんが入ってると思うととても幸せ。」
「彼女の膣の中があったかくてすぐにでも結婚したいと思った。」

 

など何も考えずにセックスをするのではなく、セックスとは何か、恋人とセックスできる喜びを堪能することを重視するのがスローセックスです。

 

このゆっくりと哲学的にセックスを感がえるスローセックスを試すことで、いままで絶頂を感じることのできなかった女子がオルガズムを感じることができたり、とにかく「何人もの女性とセックスすること」をテーマとしていた男性が1人の女性を真面目に愛し出し当たりとより深い愛やセックスを実感する人が増えてきました。

 

 

スローセックスを心がけることで、今まで自分がどれだけ自分勝手なセックスをしていたかを反省することも多くなり、パートナーとコミュニケーションすることの大切さを学ぶといわれています。

 

挿入するときも相手の反応を良く見て、どうしたら気持ちいいかを感じ取ることで相手が何をしてほしいのか、どうしたらもっと気持ちよくなれるかを感じ取る能力が向上するともいえます。